高収入の案件

近年ドラックストアの全国展開が加速していて、横浜にも数多くのドラックストアが見られるようになりました。

それに伴いドラックストアからの薬剤師の求人募集も多くなっていて、これまでは圧倒的に薬剤師が多く働く職場は調剤薬局でしたが、横浜などの都市部では、調剤薬局からの需要は少なくなっていて、ドラックストアからの求人の方が勝ってきているとも言われています。

ドラックストアからの薬剤師の需要が高くなると、好条件の求人案件も多く見られるようになっていて、今ではドラックストアの方が稼げる職場は多くなってきています。薬剤師の資格を持っているだけで最初から年収600万円以上も期待できるようになっているので、稼ぎたい薬剤師にはおすすめとなります。

薬剤師の需要の変化

これまで薬剤師は売り市場の職業として知られていて、横浜にも薬剤師の求人募集はたくさん出されていましたが、最近では薬科大学の数も増えて薬剤師の数も急増してきたこともあり、人が多い東京や横浜などの都市部ではだんだん薬剤師の需要が減ってきていると言われています。

薬剤師が最も多く働く職場は調剤薬局ですが、すでに都市部では好条件の求人募集は少なくなっているとされていて、収入面でも薬剤師の需要が高い田舎の方が恵まれているとまで言われています。

したがって、高収入を得たい場合はUターン就職することもすすめられていて、特に人口の少ない地域に行けば、新卒薬剤師でもかなりの収入を得られる職場も多く見られるようになっています。

希望の就職先を見つけるには

薬剤師の需要は全体的にみればまだまだありますが、今後は薬剤師の数が多くなり、薬剤師の需要は徐々に減少していくことが予想されています。

そんな中で条件の良い薬剤師の求人を見つけるためには、薬剤師の求人に特化している専門の転職サイトを活用することがおすすめで、薬剤師専門の転職サイトを利用すれば、まだまだ自分が希望する条件以上の就職先を見つけ出すことが可能となっています。

特に横浜には調剤薬局やドラックストア以外にも大きな病院や大手企業も多いので、薬剤師として働くことができる場所もたくさんあって、いろいろな選択肢の中から就職先を探すこともできるようになっています。

自分の希望に合った職場に就職するには、ある程度のキャリアと知識も必要になることもあります。